スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:NY3 第17話「ノアの方舟」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 14.2008 未分類 1 comments 0 trackback
紙幣に埋もれて、銃で撃たれて死んでいた男の遺体が発見された。男はノア・ヒューブラーといい、自宅の裏庭に聖書の「ノアの方舟」さながらに大きな船を建築していて、中には動物の番いと乗客がいた。
乗客たちはノアの終末説に共感して10万ドル払って乗船していたが、彼のことは口をそろえて「いい人だ」という。ノアが埋もれていた紙幣はちょうど10万ドルで、留守録には脅しめいたメッセージが残されていたことから、方舟に乗れなかった人物の恨みかとも考えられたが・・・
一方、タバコの着ぐるみを着た男が、着ぐるみに火をつけられて死亡した事件が発生。溶けた着ぐるみをたどっていくと、火をつけられた現場はナショナルスピリットタバコという大手タバコ会社だったことがわかる。
被害者は嫌煙運動をしていたようだが、検死結果によると彼は現役のヘビースモーカーだった。着ぐるみにはきかけられたツバを調べたことで、フッカーバーの従業員が浮上するが、彼は着ぐるみに喫煙をとがめられて絡まれただけだという。
そこで現場に残されていた緑色のタバコの行方を追ううちに、身元のわからなかった被害者の意外な正体が明らかになる・・・

ステラはマックにHIV感染の恐れがあったことを報告する。検査は陰性だったが、最終的に結果が出るまでのウィンドウ期間ということで不安はぬぐえないでいた。
そんな時検死局で、シドがアナフィラキシーショックを起こして呼吸停止状態になったところに居合わせたステラは、シドにマウスツーマウスの人工呼吸を施してしまい、間違ったことはしていないとはいえステラは罪悪感におののく・・・

---------------------------------------------------

GWと風邪で2週分ためてしまった。
NYとベガスは「よくもそんな事件が」というような珍妙な事件の宝庫だが、これもまた、「ノアの方舟」と「タバコの着ぐるみ」だなんて。

病に体を冒されなかったら本気で悔い改めることが出来なかった男が、「また騙した」と思われて殺されるのも皮肉だが、純粋な夫婦が神の思し召しで手にした大金が実は全部偽札で、100%善意の浄財なのに殺人の引き金になったというのも皮肉。
ヤラセで着ぐるみを着ていたから、組合加入に関心を示さなかっただけなのに、軽い脅しのつもりで殺されてしまったのもまた皮肉。
全体がなんとも皮肉でやりきれない終幕へと、複雑にぶつかり合いながら転げ落ちていく様は、半笑いの物悲しさだ。
ほんとにこんなのよく考えるよなぁ。

それにしても最後の最後に本気で悔い改めたのに、やってることがまた詐欺臭かったりするあたり、人間が変わるのはなかなか難しいのかもしれない。
世界が滅びない程度に雨が降ったというオチもなんともいえない。ノアは、体の怪我か何かで、雨が降るのを感覚的に予想できる体質だったとか?そんなのは無理か。
ノアがカルトでない方法で悔い改めることができれば、死なずにすんだのかもしれないけど。もし先に気づいてあの細菌性心内膜炎を治療したら、普通に詐欺師に戻ってしまうのか?Dr.HOUSEに出てきそうな話だが、ハウスはそれでも治療してしまいそうな気が。

今回はステラがやっとマックに報告。
いつもは気丈なステラだが、「自分には闘う強さがない」と弱音。こういう時に理系な説明で諭してくれるマックの冷静さは、ステラとしてはかなり救いになったに違いない。
シドへの人工呼吸でも、かえってそれが絆を深める結果になってよかった。
「私は生きている。君が救ってくれたからだ」
ステラは周囲に恵まれてるなぁ。無事にこの困難を乗り越えていって欲しいものだ。

今回のホークス先生は、タバコを調べてるシーンで・・・一人だけ吸ってないという。
彼はタバコ吸わないのだな。すってるシーンを見たことがないし。

でもその後の・・・マックの「5分おきに煙探知機がなるのは仕方ないんだよな?」という無表情さにちょっと萌えたりして。

【 脇俳優チェック 】

◆プレッツェルバーで働くハイジ・ペスコー .... Brianna Brown
「名探偵モンク」第3シーズン14話「宇宙トリック」では、過去の男性遍歴を暴露本に書こうとして、自殺に見せかけて殺害された元ベガスのショーガール、ジョアン・ラルフソン役で登場。冒頭でいきなり殺害されている。
「ジョーイ」第1シーズン22話「アイスランドで世界制覇」では、カーメン・エレクトラの女友達エルサ役で登場。ジョーイは世界中のアイスランド以外の国の女性を全制覇していたのだが、サラという恋人ができて共演者とは禁欲中なのに、セクシーなカーメンやアイスランド人のエルサに出会ってしまって大困りになるのだった。
「CSI:マイアミ2」8話「憎しみの絆」では、被害者が出会い系サイトからお金を出してオフィスに呼んでたデート嬢アマンダとして登場していた。
「CSI:2」19話「覗き穴の殺人者」では、ニックのストーカーによって、写真にコラージュされて殺された被害者ジェーン・ギャロウェイ役。

◆タバコ会社の重役 .... Judd Nelson
「CSI:6」22話「ラスベガスドリーム」では、被害者のジェフが離婚協議書の書き換えに気づいたことのご褒美に、休暇を与えてラスベガス旅行に行かせた上司のシェリダン役を演じていた。
「ブルック・シールズのハロー!スーザン」第1~3シーズンに、スーザンがコラムを書いている「ザ・ゲイト」の編集長ジャック・リッチモンド役でレギュラー。
映画「セント・エルモス・ファイアー」では政治家志望のアレックス役を演じており、80年代のブラット・パッカーの一人として知られている。ひところビバヒルのブレンダことShannen Dohertyと婚約したことがあった。

◆ノアの詐欺の相棒の女デマルティーノ ....  Jennifer O'Dell
オフィシャルサイトあり。
BS2で放送していた「ロストワールド~失われた世界」のヴェロニカ役でレギュラー。
「クローザー」第1シーズン2話「裏切りの代償」では、被害者の夫で俳優のディーンと不倫していたレストランの受付係アリソン・メトカルフ役を演じていた。
「CSI:マイアミ4」8話「別れても憎い人」では、被害者と離婚しようとしていた夫ホールの新しい妻で、略奪愛を実らせた元秘書シャーリーン役。
「ビバリーヒルズ青春白書」第9シーズン22~23話に、デヴィッドが夢中になるが、彼女のセックス依存症のせいでうまくいかなかったケイティ役で登場している。
「NIP/TUCK」第2シーズン9話「ローズ&レイブン・ローゼンバーグ」では、NYで知り合った女性ルネ役で登場。シャム双生児の分離手術のためにNYに出張オペをしに行ったクリスチャンとショーンは、仲違いで歪んだ心を抱いたまま、ルネをジュリアに見立てて3Pしたことで、お互いの必要性を再確認してしまうのだった。

◆ノアにかつて騙されたメロディ・コンスタンザ .... Jodi Lyn O'Keefe
公園の作業員をしていたブーツの女。
「刑事ナッシュ・ブリッジス」で、ナッシュの娘キャシディを演じてレギュラー。共演中にナッシュの部下のエバン・コルテス役のJaime Gomezと、役と同じく実生活でも恋人同士だった。
「ボストンリーガル」第1シーズン10~12話に、アランの秘書ノラ役で登場。アランのセクハラ発言に耐えられずシュミットに直訴して辞職、後釜がキャサリン・パイパーに。
「クリミナルマインド」第2シーズン2話「闇のネットオークション」では、元BAUで現在は児童犯罪捜査班のコール捜査官の部下で、エルたちと一緒に捜査に参加していたアマンダ捜査官役で登場していた。
「トゥルーコーリング」10話「女友達」では、高校の時はトゥルーの親友だったキャンダス役で登場。同窓会の最中にプールで溺死して「助けて」するのだった。
「プリズンブレイク」第3シーズンからはレギュラー出演している模様。

◆偽札を刷った囚人ジミー・イーズマン .... Cedric Pendleton
オフィシャルサイトあり。
「ザ・シールド」第1~2シーズンで、麻薬ディーラーロンデルの手下ティオ役を演じている。

◆ノアことパトリック・デント .... Christian Campbell
オフィシャルサイトあり。
Neve Campbell(「サンフランシスコの空の下」のジュリア役、映画「スクリーム」など)の弟。
女優のErin Matthews (「デスパレートな妻たち」第1シーズン12話で、パーカーを小児ガンと間違えたヨガの受付嬢役とか、「ハンナ・モンタナ」でパパにちょっと気があるジャクソンの先生役とか)と結婚していたが、2年ほどで離婚している。

◆タバコの着ぐるみ男の妻 .... Megan Linder
「ジョーイ」第2シーズン20話「ハートに火がついた!」では、風呂場の窓からジョーイに逃げ出されてしまった女性の役で登場。
「フレンズ」第9シーズン13話「モニカ 大人気の秘密」では、レイチェルが会社の同僚とキスをしたのを見たロスが、腹いせに自分もナンパしてやる~とチャンドラーを誘って声をかけたセントラルパークの二人組の女性のうち片方。そのときはブロンドに染めていた。ロスは「溺れ死ぬのと焼け死ぬの、どっちがいい?」と聞いて彼女らをドン引きさせてしまう。


関連記事

▶ Comment

ステラ超いい女ですよね。美人だし。
ドクターの人命救助して、自分はHIVのウインドー期間だって、きちんと告白して、勇気あるし、判断力あるし、優しいし、超いい女ですよね。目指します。(目指すだけですが...)
ベガスのキャサリンは、窮地に立つと自己中の傾向があるのに、ステラはピンチでも人のこと優先って、どんだけいい人なんだ。感動しました。

2008.05.17 00:35 | URL | John #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/941-acf9443c

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。