スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス5 第9話「クリスマスディナー」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2008 未分類 0 comments 0 trackback
今年のクリスマスのホワイトハウスのツリーの点灯式は、バートレット家の長女リズのまだ幼い息子ガスが担当することになっており、バートレットの娘たちもみなホワイトハウスに集まることになっていた。
ところがクリスマスだというのに、スーダンでの人質事件や、麻薬取締局によるオレゴン州の医師免許停止事件が発生して落ち着かない。特に医師免許停止問題は、尊厳死について司法長官のアラン・フィスクが独自の意見を発表して暴走したため、罷免の危機をはらんでしまう。
そんな中、長女のリズの夫ダグが下院議員に立候補したいので推薦して欲しいとジョシュに言ってきた。しかし民主党としては、ダグの選挙区にはすでに有力候補が確定しており、ジョシュは頭を抱えることに・・・

-------------------------------------------------------------

恒例のクリスマスエピ。
そういえば4thは感謝祭の頃はちょうど選挙で、5thもそれどころじゃなかったから2年連続で感謝祭はぶっとんでしまったのだな。クリスマス特有のほのぼのエピも好きだが、感謝祭の時の微妙なお間抜けネタも好きなんだけどなぁ。

デス妻レックスがハフリーで出てきたと思ったら、今度はポール・ヤングが。ことごとくバートレットを困らせる、がけっぷちな下院議員たちだ。
下院議長のレックスよりポールの方が小物っていうあたりがちょっと納得いかないけれど。
しかし、布教活動に行って人質事件って、ちょっと前にあったような気が。韓国の宣教師たちだったかな。このシーズン、5年たっての放送とは思えないほど妙に内容がタイムリーだったりするから困る。普遍的な題材を選んでいるのか、いつの世でも定期的に問題はループしてるとかそういうことだったりするのかな。

今までバラバラに出てきていたバートレット家の三姉妹だが、やっとここに来て三人勢ぞろいした。せっかく三姉妹なのだから、リア王ネタでもやらないものかと思っていたが、三人揃うということがここまでなかったのが不思議だ。
長女のリズはアビーに似ていて、マイペースで学究的なエリーはバートレット似なのかな。そしてゾーイはバランスよくミックスされているから、一家のアイドルになってしまうのかもしれない。今回初めて三人を比較することができて、そしてゾーイが自然体にいろんなことをフォローしているのを見て、彼女が家庭の中で背負ってきたものを思ってちょっと気の毒になってしまった。
チャーリーとゾーイの関係も、物理的な距離が置かれて連絡を取り合っているうちに、いい感じの友情関係が育まれていたようだ。チャーリーのジョークにペチっと叩いて見せたり、さっとコートを差し出したりするチャーリーの自然さがほほえましかった。(CJの「あらまぁ」という邪推な視線がなんともいえなかったけど)
チャーリーがコートを貸したシーンのゾーイの台詞は「You're a prince.」だったのだが、もし順調にNHKで放送されていたら、訳はきっと「王子様みたい」とかで、「コート王子!」にはならなかったんじゃないかなと思う。そんな時代の偶然をしみじみ感じてしまった。

リズはアビー似ではあるけれど、政治家としては父のセンスを受け継いでいるのをバートレットは見抜いていたようで。でもそういうのはもっと早く言ってやれよと・・・
まぁそういうのを自分でも感じていて、プレッシャーから抜け出すために結婚に逃げたという部分もなきにしもあらずなのだろうけど。あのムダにポジティブな夫、ダグの出馬宣言が今後リズ夫妻にどう影響するのやら。
そういえばアビーはドクターだったので、バートレットが議員になったりする以前からなんだかんだと家庭をほったらかしにすることが多かったのだな。大統領以前からすでに「アットホームではなかった」という状態が普通だったようで。
それでもクリスマスキャロルを見て3人娘が幸せそうにしてる様子は、本当に普通の家族だった。あんな風にいい感じの娘たちが育ったのだから、それでイイジャナイカとバートレットの背中をぽふぽふと叩いてあげたい。・・・多分アビーはそういうことで悩んだりはしなさそうだから。
 「娘はみんなダメ男を選ぶ」
 「父に似た男を選ぶものですよ」
って・・・フィダラーさんも言うなぁ。だんだん正しくランディンハムさん化してきてるというか。

ところで・・・ジョシュとダグ、CJとリズは、それぞれバートレットのスタッフになって以来の付き合いなのだろうが、やはり友達関係とはいっても「上司の息子&娘」なので、強く本音が言えない微妙な間柄なのだな。あの強気な二人が、何かにつけてつけこまれてがっくり落ち込むさまは結構面白かった。バートレット家はほんとにみんなマイペースで・・・

クリスマスエピらしく、おじいちゃんと孫の「ちょっといい話」でしめくくられてほっこり。
ガスたん、普段はあまり会えなくてもおじちゃんが大好きなんだね・・・。かわいいやつめ。誰かCJの代わりにガスたんに話をしてあげる人はいなかったのだろうか。フィダラーさんとか。それともあれはわざとだったのか。
あと、ジョシュとドナのプレゼント話。このところ二人の関係が微妙だったので、こういう「いつもの感じ」が見られると嬉しかった。
クリスマスだというのに、トビーとウィルはおとなげないケンカを・・・ウィルを引っ越させちゃったら、彼の出番がなくなるのでは?


【 脇俳優チェック 】

◆リズの息子ガス .... Michael Krepack
今シーズン1話「祈り」では、リズ一家の到着時にガスらしき少年が一緒に連れられていたが、その時は別の子役が演じている。
「デスパレートな妻たち」第3シーズン1話「どしゃ降りの心模様」では、パーカーのお誕生会に招かれていた少年役で登場。ノーラのウザさに我慢がならなくなったリネットが、ノーラをハブるためにパーティの場所を自宅から移動してしまうが、この少年はトイレに行っていてそれに気づかず、ノーラが来てから空気を読まずに出てきてしまって、リネットのたくらみが崩れてしまうのだった。
「ER」第12シーズン1話「再会と別れと」では、サムがアレックスを探して奔走している時に、アイオワで発見された同じくらいの糖尿病の少年役。

◆司法長官アラン・フィスク .... Dylan Baker
「FBI~失踪者を追え3」16話「マイクとブライアン」では、少年マイクを連れて失踪した元教師のブライアン・ストーン役を演じている。マーティンがブライアンによる連れ去り現場を目撃したことから事件が発覚。
「CSI:2」6話「冤罪 兄弟のレクイエム」で、兄弟の容疑者のうち弟のベンについて「熱心に教会に通ういい子」と証言したカトリックの神父役で登場。彼の話でグリッソムの宗教観が垣間見られる。
「サードウォッチ」第6シーズン8話「青天の霹靂」では強盗にレイプされた市会議員ダニエルズ役で登場していた。犯罪の撲滅を掲げて政治活動をしてきた彼だったが、世間にことが明らかになったときの政治生命を考えて届けを出そうとせず、犯人は釈放されてしまうのだった。そして悩んだ末犯人との直接対決を選ぶ。
「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」では、挙動不審な保安官ハファティ役を演じていた。彼はエミリーの絵によって「予言」され、チャーリーに・・・
「スパイダーマン」の2と3ではコナー教授役を演じていた。他にも「ロードトゥパーディション」「ザ・セル」「13デイズ」など、存在感のある脇役として多数の作品に登場している。
妻は「フリークス学園」でリンジーとサムの母親ジーン役を演じていたBecky Ann Baker。

◆給仕係のジョン .... Charles Currie
「ボストンリーガル」第1シーズン4話「苦い勝利」では、事務所の上顧客の女性が万引きをした事件で、彼女を逮捕した経緯を証言した警備員役で登場。

◆長女エリザベス(リズ)・バートレット・ウェスティン .... Annabeth Gish
オフィシャルファンサイトあり。
初登場は今シーズン1話「祈り」。ゾーイの拉致を家族で乗り越えるためにホワイトハウスに集まっていた。
「ブラザーフッド」では政治家の弟トミーの妻アイリーン役でレギュラー。政治家の妻の立場を演じることに疲れ、ドラッグやアルコールにおぼれてしまう。
「Xファイル」ではドゲットのパートナーモニカ・レイエス役で第8~9シーズンに出演している。
「CSI:マイアミ2」21話「不倫の方程式」では、セスナ機が墜落して死亡したアダム・デッカーの妻ウェンディ役で登場。数式の書かれた枕カバーで夫の不倫に気づき、仕返しにご近所のマッケンと不倫していた。
映画「ワイアット・アープ」では、ケヴィン・コスナー演じるワイアットの最初の妻ユリラ役。妊娠中に腸チフスで死亡し、ショックでワイアットは酒びたりに。

◆次女エレノア(エリー)・バートレット .... Nina Siemaszko
初登場は第2シーズン15話「リア王の娘」。彼女が大麻容認発言によって更迭がささやかれる公衆衛生総監を擁護する発言をしたため、ホワイトハウスは対応に追われたのだった。
「コールドケース3」17話「スーパースター」では、ヴェラの妻ジュリー役で登場。欲しかった子供に恵まれず、いつしか冷え切った夫婦生活に限界を感じ、ヴェラの荷物を警察に持ってきて終わりを宣告するのだった。
「CSI:4」23話「キメラの遺伝子」では、レイプ被害から生還して鮮明な記憶を証言した被害者リンレイ・パーカー役で登場。ところがリンレイは容疑者を拘束中に殺害されてしまう。
映画「アメリカンプレジデント」ではアネット・ベニングの妹役を演じていた。

◆リズの夫ダグ .... Steven Eckholdt
初登場は今シーズン1話「祈り」。リズと一緒に家族でホワイトハウス来訪していた。
「ボストンリーガル」第2シーズン21話 「あふれたバケツ」では、恋愛関係に飢えていたデニースが担当した重婚夫婦案件の、訴追担当検事ケルトン役。取引によって裁判に決着がついた後、二人はお互いに意識しあってデートすることになる、というアリー的展開になる。
「NCIS」第2シーズン22話「死の口づけ」では、ペスト菌に感染したトニーと、念のためケイトが海軍病院に隔離されるが、その治療を担当していたブラッド・ピット医師役。瀕死でもおちゃらけているディノッゾに調子を合わせていた。
「CSI:マイアミ4」1話「新たなる闘い」では殺害逃亡犯によって家を襲われたリビングストン家の父で、スポーツ用品輸入業のデイル・リビングストン役。メイドのセリアに手をつけて妊娠させたくせに、逃亡者が家を襲ったらさっさと彼女を見捨ててパニックルームにこもった男。
「デスパレートな妻たち」第1シーズン5話「招かれざる客」では、町の治安の講習会に来てスーザンに目をつけデートを迫った警官トンプソン役で登場していた。スーザンは結局マイクへのあてつけでデートするものの、トンプソンがスーザンの提出した証拠をデート目当てで適当にほうっていたのを知ってがっかり。
「フレンズ3」では、レイチェルにブルーミングデールズの仕事を紹介したために、レイチェルはキャリアウーマンの道をスタートさせるがロスからの嫉妬を買い、そのせいでロスとレイチェルが「あれは別れた後だ」「いや前よ」の抗争を延々繰り広げることになる・・・・そのきっかけになったあの!マーク役だったのがこのひと。第10シーズン14話「レイチェルの華麗なる転身」でも出てきてレイチェルにパリ行きの仕事を紹介するという、今度はある意味遠まわしなキューピッド役になっていた。
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」の後日談ドラマ「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」でミア(映画版ではトゥーラ)の夫トーマス・ミラー(映画版ではイアンでJohn Corbettが演じてハマり役だっただけにやりにくかっただろう)でレギュラー。
他には「メルローズ・プレイス2」でもジェーンがマイケルとの離婚のために雇った弁護士ロバート・ウィルソンとして登場、仕事の一線を踏み越えてジェーンとデキてしまうが、マイケルの術中にはまって娼婦と浮気してしまうという役だった。「LAロー」では問題弁護士パトリック・フラナガン役。
「Shark」第1シーズン3話に登場予定。

◆リクター下院議員 .... Mark Moses
「デスパレートな妻たち」のメアリー・アリスの夫ポール・ヤング役(第1~3シーズン)でおなじみ。
「ラスベガス」第1シーズン14話「死にたいときにはギャンブルを」では、自殺願望のカジノの客フレッドを思いとどまらせるために、ダニーがセラピーをしてもらおうとした精神科医のDr.マイルズ・マークス役。
「CSI:科学捜査班」第1シーズン10話「死者の悲鳴」では、長期間にわたり継続的に暴力を受けていたことがわかった遺体の女性ケイ・シェルトンの暴力夫スコット・シェルトン役で登場。
「アリーmyラブ」第4シーズン12話「涙の決断」では、トランスジェンダーのシンディ(「Dr.HOUSE」のカディ役Lisa Edelstein)の同性結婚を認めて欲しいという訴訟で、拒否する立場の州側代理人約で登場。
最近ではゾーイ役のElisabeth Mossがレギュラーの、今年度エミー賞作品賞受賞作「Mad Men」にたびたび出演している。「FBI~失踪者を追え5」16話に登場予定。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/963-ae89e7c3

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。