スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONES3 第3話「サラブレッドの最期」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 24.2008 未分類 2 comments 0 trackback
キャンプ中の少年が、森の中で激しく腐乱した遺体を発見。遺体は手を縛られ足を切断されており、足はすぐ近くに埋められていたため、猟奇的な殺人事件と見られた。
被害者の顔についていた軟膏は馬用のもので、異の内容物は馬の餌だった。さらに顔に残っていた痕跡から、被害者ははみをつけていたことが判明。
指紋からエドという人物が浮上するが、彼は家族に内緒で郊外のホテルで「馬プレイ」の馬の役目に興じていたのだった・・・
一方アンジェラは、夫の名前を思い出そうと催眠療法を試してみようと考える。ところがいざとなると緊張して踏み出すことができず・・・

--------------------------

馬プレイ・・・
なんだかそれがあまりに強烈で、他のことが全部ぶっ飛んでしまうような。ドラマの素材自体は、「CSI:NY」あたりの担当エリア、という感じがしないでもないのだが。
性的嗜好は人それぞれだから、別にどういうプレイをいたされようがツッコミの入る余地は無いとは思う・・・が、しかし・・・飼い葉は美味しくないだろうに(ポイントはそこか!)。ドレッシングかけたりしちゃだめなのだろうか、ってそれは馬なりきり失格。
でも「馬として殺害された」のところで、推理としてはもう犯人は半ばネタバレな感じだったので、インパクトの強さはあったものの、実際の内容としては単純すぎた感じ。

精肉店のトム・ムラーズが馬肉のチラシをまいた云々で、テンペランスが珍しく相手に対して「気持ち悪い」的な態度を見せていたので、あれ?と思ったのだが、どうやらアメリカでは馬肉は忌避対象らしい。
一応食用馬肉の生産加工はしていて、日本へも輸出していたりするのだが、それを行っているのは外国企業らしい。現在のアメリカには馬肉食の文化はほぼ存在していないようなのだ。
西部劇であれだけ馬に乗ったりしてるから、長旅の途中で倒れた馬は捌いて焼いて食べたりするのが普通にあるのかと思ったら、そうではないらしい。
馬プレイの人に「馬肉美味しいのにー」と言ったら、「変態!」って言われそうだ。

アンジェラの夫はやっと名前がわかったが、まだ顔が出てこない。引っ張るなぁ・・・(っていうか、この時点ではまだ俳優さんが決まってないとかそういう舞台裏が仄見えたり)
どうも今シーズンはこのまま引っ張るようなので、このチラ見せを鷹揚に構えて見守るしかなさそうだ。あのデカ蜂が出てきた時は、虫=ホッジンスへの負い目とかそういう投影なのかなと深読みしてしまった。けっきょくそれでわかったのに、あんなふうに怒鳴られてしまった催眠療法の先生がちょっとかわいそうかも。
それとザックは、イラクに行って成長した・・・という設定だったと思うのだけど、なんだか「悪化」してる気が・・・。
かえってスクィンツ化が激しく進行してる。大丈夫かなぁ。(寝起きでこの部分を読み返したら、ザックの「ウェンツ化」と読めてちょっとびっくりした。さすがにそれは・・・)
まぁザックはそれがかわいいのだからいいのだ、という考え方もあるけど。

今回はなんといっても、テンペランスとブースの二人の「愛」論議が極端で笑ってしまった。
「二人はひとつになる」「二つの物質はひとつのところに存在できない」って・・・なんだろうこの極端な噛みあわなさは。ブースは普通なんだけど、テンペランスがあまりにスクィンツすぎてとんでもないところに飛躍しているという。
まるでアンドロイドかロボットに愛を教えているかのような光景なんだもの。でもこれで、テンペランスは過去にちゃんと男性とお付き合いしてるからわかんないんだよな~。過去の殿方たちがちょっとかわいそうになってしまう。
これで人の愛に目覚めたボーンズが、ブースへの気持ちにスイッチ入るかというと・・・

その時が来たら、多分このドラマは終わるのだろうな、やっぱし。


【 脇俳優チェック 】

◆馬プレイの牧場主 .... Michael Cudlitz
オフィシャルサイトあり。
「交渉人」では人質救出部隊HRTのフランク役でレギュラー。交渉班CNUのマットとエミリーはなるべく強行突入しない方法で解決しようとして、フランクたちとはしばしば対立することに。
「CSI:NY2」19話「スーパーヒーロー」では、自分をスーパーマンだと思い込んでいる男クラークが入院している精神病院のナースのドックス役を演じている。ドックスは病院の薬を売人に横流ししていたが、それをクラークに目撃されたのだった。
「FBI~失踪者を追え2」14話「ジェシカの真実」に、失踪した元警官ジェシーの恋人で警官のマーク・ケイシー役で登場していた。ケイシーは汚職の片棒を担いでいて、それを暴こうとしたジェシーを仲間内で殺害しようとしたのだった。そのイメージが強烈だったからか、第3シーズンの22話「ジャックの孤独な朝」ではストリップバーのマネージャーで、ダンサーたちを恐怖で支配していたフレディ・カターン役で登場。
「CSI:2」9話「裏切りの逃亡者」で、タミー・フェルトンの二度目の事件でタミーに篭絡されてしまった保安官ウィリアム・スペンサーを演じていた。
「CSI:マイアミ3」16話「エバーグレーズ炎上」でも保安官役でホレイショに事件について報告している場面で登場していた。
「バンド・オブ・ブラザース」ではくわえたばこのデンバー・”ブル”・ランドルマン役。
「ビバリーヒルズ青春白書」では第3シーズン終盤にアメフト部男子トニー・ミラーで登場。ブレンダをお別れパーティに誘うがふられてしまったり。「24 ?」ではCTUエージェントのリック・フィリップス。
「プリズンブレイク」第1シーズン6~7話「悪魔の孔 Part1、Part2」では、囚人たちの暴動によって人質にとられてしまう新人看守ボブ役を演じている。

◆エドの「騎手」アニー .... Christina Cox
オフィシャルサイトあり。
「Dr.HOUSE」第1シーズン20話「マゾヒズム」では、アジア系の患者ハーヴィーに付き添ってきたアネット役で登場。彼女は実はSMの女王様なのだった。
「コールドケース」第1シーズン9話「サイン」では、おばあちゃん子のジェームスを操ってたかり続け、しまいには犯罪に手を染めさせた魔性の女シェリー役を演じていた。
「クロウ 天国への階段」で準主役アルブレットの愛棒の女刑事ジュリー・キャプショウ役で途中からレギュラー出演していた。
「CSI:マイアミ2」15話「偶然のゴースト」では、パパラッチに狙われていた映画俳優ブラッドの広報担当者役で登場。
「スターゲイトSG-1」第2シーズン13話「精霊」では、PXY-887に住む「精霊」と呼ばれるエイリアンで、狼に変化するタカヤ役で登場。第5シーズン20話「死刑囚 最後の賭け」では、元NIDのカーショウ中尉役。

◆エドの妻 .... Bess Meyer
「ラスベガス」第1シーズン3話「ベガスの純情物語」では、エドの従兄弟ドニーが結婚しようとしていた一目ぼれの女性マリー役。
「フレンズ」第6シーズン18話「ロスと教え子の禁じられた恋」では、チャンドラーの昔の同級生で現在は映画監督のデイナ役で登場。チャンドラーはジョーイのために彼女の作品のオーディションを受けられるように口利きしようとするが、うまく言い出せずにどんどん誤解されてしまう。

◆アンジェラの催眠療法の医師 .... Anne-Marie Johnson
「CSI:7」11話「グリッソムの旅立ち」では、アディ・フィンチ殺害の裁判で弁護士アダム・ノヴィックと対決した検事役で登場。
「ダーマ&グレッグ」第5シーズン23話「愛は永遠に Part1」では、グレッグが旅行のためにピートに対応を任せた、証券取引委員会の担当官ローラ役を演じている。ピーとはセクシーな彼女の気を引くために、モンゴメリ社の不正をでっち上げてアレコレ話してしまい、この先面倒なことになりそう・・・というところで最終回は終わったのだった。
「犯罪捜査官ネイビーファイル」では、第3シーズン以降にボビー・レイサム下院議員役で登場している。
「NCIS」第5シーズン7話に登場予定。

◆エドの馬プレイを妻に告発したカルビン・ジョンソン .... Rik Young
「CSI:7」9話「レジェンドオブベガス」では、70年代にラスベガスを仕切っていたマフィアのボスミッキー・ダンの若き日を演じている。

◆冒頭の少年キャンプのカウンセラー .... Bashir Salahuddin
「グレイズアナトミー」第2シーズン5話「痛みの処方箋」では、ベイリーの夫役で登場している。結婚10年目ということで病院に迎えに来た姿がちょっとだけ映っていた。しかしこのエピ以後に登場しているベイリーの夫役は別の俳優に変更されている。

◆冒頭、遺体を発見した少年ジョーイ .... Miles Heizer
「CSI:マイアミ3」16話「エバーグレイズ炎上」では、自宅に少年愛部屋を作っていたマイケルもどきなセレブに、性的ないたずらをされた少年ジョニー役で登場。彼の父親で警備会社の責任者サイラスは、その復讐のため殺人鬼の脱獄に手を貸すのだった。

関連記事

▶ Comment

週末ドラマの衝撃の中でもトップクラスの衝撃でした!

馬プレイ


( д) ゜ ゜

しかもエド!!
BONESの場合、謎解きよりも死因や死体の衝撃とラブ米がしっかりしていると!
成立するんだな~としみじみしておりました。
2008.10.25 00:12 | URL | まうゆん #79D/WHSg [edit]
しゃべるお馬、エドちゃん。
懐かしいな~。
って、今の海外ドラマファンで、どれだけ知っているんだろう、このドラマ。

NHKBSあたりで、再放送してくれないだろうか。
「ローンレンジャー」も、映画化されるというし。
インデイアン、トントの役はジョニデだそうです。
「インデアン、嘘つかない」って、ジョニデがマジ顔で言ったら、一番うそっぽい(笑)。
2008.10.24 15:20 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/974-ef979945

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。