スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス5 第21話「ガザにて」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 05.2009 未分類 0 comments 0 trackback
ドナはアンディとフィッツウォレス、二人の上院議員の中東視察団とともにイスラエルのガザ地区を訪問していた。
視察団の会議に同行してジョシュに報告をしていたが、その最中にフォトジャーナリストのコリンから「本当のガザを教えてあげる」と声をかけられ、ガザ地区内を見てまわることに。
そしてコリンに導かれて話を聞いたガザの市民や兵士らの実情は、同じ言葉を繰り返す会議よりも、ドナの心を激しく揺さぶったのだった。ところが、ドナたちが乗った車が爆弾テロに遭い、二人の議員とフィッツウォレスは命を落とす。アンディは無事だったが、ドナは重傷を負う。
米上院議員が襲撃されたとあってホワイトハウスは報復の対応を迫られるが、一向に正確な犯人の情報をつかむことができず、バートレットは苛立ちを隠せない。それなのに亡くなった議員の議席をめぐる民主党内部や副大統領の政治的思惑は、無情にもすぐさま動き始めるのだった。
そしていても立ってもいられないジョシュは、ドナの状態を確かめるために病院へ飛ぶが・・・

-------------------------------------------------------------

4年前の放送なのに、今ちょうど変わらずガザが燃えている。
とはいっても4年で中東情勢、特にイスラエルがどうにかなるはずもないから、多分10年後、20年後にこれを見たとして、ちょうどガザは紛争真っ只中だったとしても驚かない。
バートレットが19話でフィッツにお目付け役を依頼した時、「波風を立てないようにして欲しい、中東で今できるのはそれだけだ」と真後ろ向きな発言をしていたが、実際誰かが何かできるレベルは超えているわけで、アンディたちが「何かしたい、何かができるはず」と思ってもかえって犠牲を上積みするだけになってしまった。

このエピ、ドナはガザを知らない世界の人々の「目」の役割をしている。
ドナのまっさらな目を通して「本当のガザ」の実情を見る我々は、簡潔明瞭なメールでは語りつくせない複雑な現実があるのだと知り、ドナの流血によって関わるものの覚悟を思い知らされる。
語り部としてのドナ以外に、「ザ・ホワイトハウス」では必ず黒子の気持ちを代弁する人物が出てくることが多いのだが、今回はそれはケイトがその役になっている。
「50年口論したとしても、将来恥とは言われませんよ。
  恥ずかしいのは何もしないことです。」
例え自己満足でも、どんな犠牲を払っても、それでもアメリカという立場では「何か」をしなければいけない、するべきなんだということなんだろうが・・・まさに賽の河原の石積みのような作業でもしないよりはマシなのだろうか。
こと中東情勢に関しては、どんな理屈も通用しないむなしさを感じずにはいられない。「悪いのはこの状況なんだよ」という兵士の言葉が悲しく響く。

前回フィッツが久しぶりに出てきたと思ったら。
ひどい、私のフィッツが(涙)。
ドナとフィッツの絡みだぁ、オヤジが若い子をからかって何やってんだよー・・・と思った瞬間にやられなくてもええやんか。
フィッツ~。もう出てきてくれないのかフィッツ・・・
フィッツがまるで「ザ・ユニット」のジョナスとモリーのその後のような夫婦関係で、奥さんが軍人の妻として悟っている様子なのと、後ろにぼんやり映っていた夫婦の写真が物悲しい。

もしドナが命を落としていたら、ジョシュは独自で軍事制裁を発動しかねないくらいだった。ドナは・・・やっと飛び立った美しい雛鳥だったのに。ジョシュがショックのあまりまた囲い込んでしまいそうだ。
普段なら海外出張の時には「ドーナー!ドーナー!」と、アレがないこれがないと子供のように何もできないジョシュが、その場にあったものさささっとつかんで飛び出していくあたりに、普段のジョシュの甘えぶりを感じてしまった。
ドナとジョシュの関係も、さすがにこれで変わらざるを得ないのだろう。変わらなかったらびっくりだが。

トビーは思わずTVのアンディに向かって手を振ってしまって「あ。」となるあたりが、トビーの愛を感じてしまった。あれはアンディに見せてあげたかったな。
しかし、深刻なエピだったのに笑いをとるのを忘れないのはいいんだか悪いんだか。「ドナの怪我は?」の場面とか、無理にギャグっぽい演出を練りこまなくてもよかったのではないかと思ったり。

今回、ドナとロマンスがあったジャーナリストのコリン役を演じていたJason Isaacsは、ハリポタのマルフォイパパでご存知の方も多い英国俳優さんだ。
彼はちょうど1月28日からNHKで放送の英国ドラマ「ステート・ウィズイン~テロリストの幻影~」の主人公マーク・ブライドン役を演じていたりもする。NHKのスタッフブログでちょうど彼のことを「青い目が魅力的」なイケメンだと紹介していてプッシュしていたのだけれど・・・
これを放送しておけばよかったのに(今更)。17話のグレン・クローズだって「ダメージ」とリンクしたのに、まったくもう。(ていうか、「ダメージ」は続きやる気があるんだろうかと、HPの「終了」っぷりを見るとかなり不安なのだけれど。いつものことだけに・・・)

あぁ・・・次回はもうシーズンファイナル。そしてまた引き続きシーズン6が始まるという。
いい夢はあっという間に過ぎ去ってしまうんだなぁ・・・


【 脇俳優チェック 】

◆中東視察団のデサントス上院議員 .... Traber Burns
「LOST」第4シーズン4話「証言」ではケイトの裁判の判事役で登場。
「Dirt」第1シーズン3話「ダート・ナウ 創刊」では、「Now」の編集部の重鎮レジナルド役。新しい高級タブロイド誌「DirtNow」を提案するルーシーに対して「Now」を支えてきた立場から異を唱えるが、あっさり却下されてしまう。
「ボストンリーガル」第1シーズン17話「アランの叫び」では、アランが無実の可能性を信じてテキサスまで助けに行った死刑囚ジークの収監されている刑務所の所長役を演じている。再審検討委員会の結論が出ないうちに処刑場にジークを移送しようとし、その後却下の結果を受けて粛々と死刑を執行する。
「グレイズアナトミー3」25話「誓いの言葉」では、頭にピッケルが刺さった登山者の事件で、デレクが事情を聞いた他の登山者の中でアンディが呼んだ弁護士役で登場。
「FBI~失踪者を追え4」9話に登場予定。

◆ジャーナリストのコリン・エアーズ .... Jason Isaacs
リバプール出身の英国俳優で、英国での活動から次第にハリウッドにも活躍の場を広げている。
「ブラザーフッド」では、アイルランド系のカフィー一家の息子で、州議会議員の弟トミーに比べ、7年間FBIに追われているギャングの兄マイケル役を演じている。
映画では「ハリー・ポッター」シリーズのドラコの父ルシウス・マルフォイ役でおなじみ。
「ピーター・パン」ではウェンディの父とフック船長の二役を演じている。
「パトリオット」では、メル・ギブソン演じるベンジャミンの息子ガブリエル(ヒース・レジャー)が独立戦争に参戦したために、粘着かつ残忍につきまとって一家を崩壊させる英国軍のダヴィントン大佐役。
「アルマゲドン」では、世界一頭のいい男のロナルド・クインシー博士役。
「タキシード」では、ジャッキー・チェン演じるジミーが運転手として雇われた、億万長者のクラーク・デヴリン役。禁じられていたのに、彼のタキシードをジミーが着てしまったことから騒動が勃発。
他に「ブラックホークダウン」「ウィンドトーカーズ」など。
来年1月28日からBS2で放送予定の「ステート・ウィズイン~テロリストの幻影~」では、主人公のイギリス大使マーク・ブライドン役で登場予定。

◆パレスチナのファラド議長 .... Makram Khoury
パレスチナ出身でパレスチナを代表する名優といわれている。
スピルバーグ監督作品「ミュンヘン」では、エリック・バナが演じるアブナーらが「神の復讐」作戦のターゲットとして最初に狙った、PLO支援者ワエル・ザイター役を演じている。
2004年モントリオール映画祭グランプリを獲得した「シリアの花嫁」では、実娘Clara Khouryがシリアに嫁いでいく花嫁モナ役を演じ、彼はモナの父ハメッド役を演じている。

◆ドナの執刀医イーヒー .... Tim Lounibos
「Shark」6話「裕福な偽善者」では、火災を起こして低賃金の移民労働者4人の被害者を出した、工場の持ち主のホン役を演じている。本来なら彼が責任を問われるところだが、スタークらはホンへの発注者であるブランドオーナーのプルイット側に責任を問うことに。
「ビバリーヒルズ青春白書」第5シーズンでは、学生議会の議長選挙などを取材していたレポーターのウォルター・チェン役で登場。

◆フィッツウォレス夫人 .... Novella Nelson
映画「ダイヤルM」では、グィネス・パルトロウ演じるエミリーが仕えている米大使のアリス・ウィリス役を演じている。
「ディア・ウェンディ」「コットンクラブ」「ディアボロス 悪魔の扉」など、多くの作品に出演している。

◆中東視察団コーブ上院議員 .... Keith Sellon-Wright
「BONES」第1シーズン9話「冷蔵庫に捨てられた少女」では、SMプレイの果てに冷蔵庫に入れられ捨てられた被害者少女マギー・シリングの父親役で登場している。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/980-68872124

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。