スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!4 第7話「写真の少女」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 16.2009 FBI~失踪者を追え 5 comments 0 trackback
【 失踪者 : ビル・シールズ 】

ビル・シールズという男性が行方不明になったと、彼の妹から届けがあって、失踪班が捜査に乗り出す。
ビルは、8ヶ月前に娘を白血病で亡くして以来落ち込んでしまい、妻とも別居し、仕事も辞めて引きこもりがちだったという。それでも最近は明るさを取り戻していた
そこでビルの部屋を捜索したところ、ネットからダウンロードしたと見られる児童ポルノが山ほど発見された。また口座から2000ドルが引き落とされていたり、不起訴になったものの暴行罪で逮捕されたりと、失踪に事件の存在があるのではないかと見られた。
不起訴となった事件でビルが殴った男は、性犯罪の前科のあったジェイミー・ウルフという男だったが、彼によるとビルはある少女を探して突然訪ねてきたのだという・・・

----------------------------------------------------

毎回失踪者の名前の下に「FBI着手:失踪○時間後」と書いているのだけど、これは一番最初に出てくる時間をメモっておいて書いている。
ところが、今回この「○時間後」のテロップが出てこなかった。アレ?見逃した?と、録画のオープニングのあたりを何度も行ったり来たりしたのだけどなかった。
これはこの事件は特殊な予感・・・と思ったら、割とあっさり失踪者自身は見つかってしまって、そこからが本番、ということに。
そういうわけで、時間を追って生存率が切羽詰っていくといういつもの展開ではなかったので、時系列のホワイトボードもナシ。

でも、ビルが見つかってからの少女捜索事件て、FBIで専門部署がある虐待児童の部署の越権だと思うのだが・・・
出てくると大抵「ただでさえ人手が足りない」っていう設定になってることが多い部署なので、よそがやってくれるならそれに越したことがない、だったのだろうか。
邪魔されないだけよかった、みたいな?

やはり今回は、ビルが児童性愛者の疑いをかけられつつも、縁もゆかりもない少女の救出に情熱を傾けることで、失われた人生のかけらを補おうとするという描き方にWATらしい深みを感じた。
これが普通のドラマだと、事件解決で人生を生きる力を取り戻して・・・みたいな大団円になるところだが、ビル・シールズはまた空っぽになってしまった。結局探していたのは娘の代わりではなく、自分で助け出すヒーローだったわけでもなく。
残されたのは達成感ではないむなしさだけ・・・
彼は明日からどうやって生きていくのだろう、それを視聴者の想像にゆだねる投げっぱなしのラストがまさにWATらしい。

しかしジャックの潜入捜査は相変わらずヤリヤリ&ノリノリな・・・
スポルディング校長をだましたあの演技力は相変わらずらしい。つーか、ほんっとにそのケがあるんじゃないかと思うような、リアルにイキイキしている語り口はやめれと。
救い出した後、今回のジャックはまた一人で吐いたのだろうか。ジャック・・・ヘンタイに慣れないで・・・

冒頭、ビルの妹が事件を届けた時の手際のよさに、「刑事ドラマ好きですか?」って聞かれていたのには爆笑してしまった。
うん、たぶん自分も実際同じ立場になったら、無駄に現場保存に熱を上げそうな気がする。
「Law&Order:犯罪心理捜査班」で、プリズンブレイクのティーバッグが、失踪した妻の知り合いリストをABC順にソートしたリストを手際よく提出したことで、ゴーレンに疑われていたが、Excelで名簿作ったら、思わずソートくらいするよなぁとか思ってしまった自分は、警察が来るまでにしなくてもよさそうな配慮を色々してしまいそうだ。
そして疑われるんだな。


【 脇俳優チェック 】


◆元性犯罪者ジェイミー・ウルフ .... Brett Rickaby
オフィシャルサイトあり。
「ER」第13シーズン18話「写真と思い出」では、交通事故で息子コリンとともに運ばれてきたヴィンセント・ヘイルズ役。自分も怪我しているのに、息子の容態に必死で担架に乗るのを拒んだ。
「サマンサWho?」第1シーズン1話「私は誰?」では、サマンサが乱入した依存症の会のリーダー役で登場。酒を飲んでやってきたサマンサを追い出す。
「CSI:6」17話「ウォッチャー」では、足にペディキュアをされていたレイプ被害者クリスティーナの、住んでいるオムニマンションの管理人役。
「コールドケース」第2シーズン20話「ナイフ」では、被害者ジョーの仲間で共に工場を解雇されたモンティ現在版の役。一緒に事業を立ち上げようと仲間同士約束するが、家族の反対でモンティがひいたために頓挫、モンティは仲間のブッチから「チキン野郎」と呼ばれていたのだった。
「名探偵Mr.モンク3」4話(NHK放送順による)「新入社員モンク」では、耳が不自由で読唇術ができるため、それを使って株の情報を得ていたが、部屋の配置替えでそれが出来なくなったせいで犯罪に手を染めてしまう男の役で登場していた。
「Shark」第2シーズン3話に登場予定。

◆詐欺師のルーベン ....  Andrew Borba
「コールドケース」第4シーズン5話「熱帯魚」では、自閉症の少年ブレントの殺害された父スティーブ役で登場。熱帯魚店を経営していたが、すべてがブレント中心に生活がまわっていた。ブレントを自閉症専門校に入れるため保険金目当てで火事を起こすが失敗してしまうのだった。
「名探偵モンク5」8話「一事不再理の壁」では、モンクがかつて刑務所に送った犯人マックス・バートンを釈放するかどうかの審査をしていた、仮釈放委員会の委員役。しかし委員会のさなか控訴審で無罪判決が出てしまい、マックスは釈放されてしまうのだった。
「CSI:マイアミ5」10話「非情の戦場」では、ホレイショに捜査担当の管轄権を持っていかれてしまったJAGのブレントン少佐役で登場。
「グレイズアナトミー2」23話「失う覚悟」では、子供6人がいて、さらに妊娠したローズの夫のティモシー役で登場。ローズはもう子供を育てるのは限界だと、ティモシーに伏せたまま卵管を縛ることをアディソンに依頼するのだった。
「HOUSE」第1シーズン14話「医師免許を賭けた嘘」では、風邪の子供を連れて来院した口のきけない父親役。足の手術をした後声を失ったのだが、ハウスはその原因を突き止め治療するが・・・
「NIP/TUCK」第2シーズン14話「トゥルーディ・ナイ」では、トゥルーディのDV夫スタン役を演じていた。一見人がよさそうなのだがトゥルーディの鼻を殴って破壊するほどの凶暴な男で、なのにトゥルーディは夫をかばって整形しようとするのだった。

◆メリッサの怪我を診たERドクター .... Chris Butler
「クリミナルマインド」第1シーズン10話「悪魔のカルト集団」では、副保安官のハリス役で登場。ブリッジス保安官とともに小さくて平和な町に起こった突然の殺害事件に対処する。
「NUMBERS」第1シーズン8話「えん罪の可能性」では、1年前にドンが解決した事件の犯人クリス・ハワード役。同じ手口の殺人事件が起こったためにえん罪の可能性が浮上するが、ハワードは自分の犯行だと言い張る。
「コールドケース」第5シーズン12話、「ボストンリーガル」第5シーズン3話に登場予定。

◆幼い時期のメリッサ .... Darcy Rose Byrnes
「ブラザーズ&シスターズ」第1シーズン19話「ゲームナイト」では、ノラとキティがジョーンズ家とのゲームに負けたのがどうしても悔しくて、ジョーンズ家に行ってうまく言いくるめて家からトロフィーを持ってこさせた少女グウィネス役。グウィネスはノラの同級生リジー(「ダーマ&グレッグ」のダーマ役Jenna Elfman)の娘で、キティからご褒美にお小遣いがもらえた。
「コールドケース」第4シーズン18話「宝くじ」では、母マーリーンが車上生活を送るようになった幼い姉妹の妹の方アビー1999年版役。
「ダーティ・セクシー・マネー」では、第2シーズンからニックの娘キキ役を演じる。(第1シーズンでは第1話がDakota Fanningの妹Elle Fanningで、第2話以降は「デスパレートな妻たち第3シーズンでガブリエルの「キレイ塾」の生徒シェリー役のChloe Moretzだった)

◆オークションでジャックに話しかけた男 .... Larkin Campbell
「クリミナルマインド」第1シーズン8話「ナチュラル・ボーン・キラー」では、冒頭ジミーに話しかけた刑事役。ジミーは昔その刑事に逮捕されたことがあったためちゃんとしろと説教されるが、そのために刑事と関係が?と疑われるのだった。
「ラスベガス」第1シーズン2話「友よ 安らかに眠れ」では、冒頭大はしゃぎでコースでプレイしているゴルフ客役で登場。ところが直後にグレッグの遺体を発見することに。
「Dr.HOUSE」第4シーズン2話、「グレイズアナトミー」第5シーズン9話に登場予定。

◆失踪者ビル・シールズ .... Gordon Clapp
「NYPDブルー」では全シーズン通してグレッグ・メダボイ刑事役でおなじみ。(第2シーズンからレギュラー。全シーズン通しての出演はシポウィッツとメダボイの二人だけ)
「クリミナルマインド」第3シーズン2話「BAUの危機」では、現地ミルウォーキーの刑事役で登場。現場を知らないストラウスが「連絡が遅い」と高圧的な態度で責め立てて怒らせ、捜査の関係を悪化させてしまう。
「CSI:7」14話「傘の骨」では、骨を抜かれ傘や箒の柄などを入れられていたラピンスキーの組織を回収したコーディネーターのサルヴァトーレ役で登場。死亡証明書の偽造を行っていたことが発覚し逮捕される。
「ダメージ」第1シーズン8話「約束と裏切りと」では、エレンの父ゲイリー・パーソンズ役。ひと月ほど前に車で女性をはねて重傷を負わせていた。ゲイリーは責任感が強いため、エレンの心配どおり精神が不安定だったと正直に謝ってしまって大金を請求されてしまう。
「名探偵モンク4」7話「クローガー先生 引退」では、クローガー先生と同じオフィスに入っているメリガン役。麻薬の密売人で、彼の部屋を掃除しようとした清掃員のテレサがドラッグを発見してしまったために口封じしたのだった。
「ゴースト」第3シーズン10話、「コールドケース」第5シーズン16話、「プライベートプラクティス」第1シーズン5話に登場予定。

◆ジョージの元恋人サンドラ・オニール .... Jackie Debatin
「ラスベガス」第2シーズン7話「モンテシート タッチダウン」では、モンテシートカジノのディーラーで行方不明になったマークの、元妻リン・フィンスター役。マークが音信不通になった事情をエドがリンに聞いたところ、マークが発明狂であることを明かす。
「ザ・ユニット」第3シーズン2話「ユニット反撃 後編」では、CIAのカーンの代わりにボブに接触してきたエージェントのスザンヌ役で登場。彼女はカーンは死んだと言い、ボブたちにこの一件から手を引くように忠告するのだった。
「コールドケース」第2シーズン9話「ハンター」では、猟奇的連続殺害事件の唯一の生存者ディーディー役で登場。
「フレンズ」第8シーズン8話「お騒がせバチェラー・パーティ」で、チャンドラーのためにモニカがストリップを手配してバチェラーパーティを企画してくれるが、ストリッパーのつもりで呼んだのに間違って来てしまった娼婦の役で登場していた。
「ボストンリーガル」第3シーズン18話に登場予定。

◆試着室でメリッサを慰めた販売員の女性 .... Jane Galloway
「プリズンブレイク」第1シーズン5話「タトゥーの謎」では、裁判所の資料室の受付係役。リンカーンの犯行シーンのマスターテープを見せてくれるようにベロニカがかけあうが、上の階の水漏れでテープがだめになったと伝える。
「名探偵モンク4」13話「モンク農場を行く」では、冒頭ディッシャーが間違って踏み込んで逮捕しようとした男の妻役。第5シーズン9話「瞳に魅せられて」では別人で、モンクが気になる瞳を持った女性の居場所を聞いたタクシーの配車係役。
「グレイズアナトミー」第1シーズン6話「禁断のデート」では、腫瘍が巨大化してしまった患者アニーの母親役で登場。

◆メリッサの叔父ジョージ・アンダーソン .... Fredric Lehne
「クローザー」第3シーズン12、13話「重ねられたウソ(前・後編)」では、容疑者がアリバイのための作り話で実在しないとみられていた男トッパー・バーンズ役で登場。彼が実在したことで、ブレンダたちは裁判で不利な状況に追い込まれる。
「スーパーナチュラル」第2シーズンではジョンを殺した黄色い目の悪魔役を演じている。
「ミディアム」第2シーズン16話「不思議の国」では、アリソンがデヴァロスに頼まれてジェシカという女性の兄を探すことになったが、そのジェシカの夫役で登場。アリソンは夢の中で夫が兄を殺害したということを知る。
「BONES」第1シーズン18話「黒ひげの呪い」では、発掘者ハドウィック役。研究所の骨を盗ませて宝探しに見せて出資者から投資させようとたくらむが、第二の死体になってしまう。
「CSI:NY」第1シーズン13話「タングルウッド・ボーイ」ではアジア系マッサージ通いをした男ロス・リー役で登場。彼が妻だけではなくあちこちに手を出したことが、ひき逃げ事件の鍵となっていた。
「CSI:2」第1話「指紋の謎」で、キャサリン父サム・ブロウン(当時はまだそうとは明かされていなかったが)の長男トニーが殺された事件で、トニーの親友(なのに妻は寝取るわお宝は掘るわで、疑われまくりな)カート・リットン役で登場していた。
「コールドケース」10話 「ヒッチハイカー」では、連続殺人事件と見られた一連の事件の情報交換のためにフィラデルフィア市警にきていて、一人だけ事件が解決して帰っていったデラウェア警察のサム・ロイヤル刑事を演じていた。
「LOST」ではケイトを逮捕、護送中だった保安官役。序盤、墜落事故で落命するが、第1シーズンの後半と第2シーズンのフラッシュバックシーンで登場する。
「ゴースト」第2シーズン9話、「クリミナルマインド」第3シーズン12話に登場予定。

◆ビルの妻ジュリー .... Katie Mitchell
「クリミナルマインド」第2シーズン3話「パーフェクト・ストーム」では、冒頭娘のローラから送られてきたDVDを夫と見ている母親役。実はそれは娘がレイプ殺害されている映像だったため、ローラの父は心筋梗塞で死亡してしまう。
「ER」では第11シーズン19話「10年前の悪夢」では路上生活の「ばあちゃんシスターズ」レベッカとバーディをひきとりにきためいのシェリー役で登場。レイがシェリーの言葉を信じて帰したのが仇となってか、21話「愛の決意」ではシェリーがレベッカの首を絞め、そのためシェリーを刺すという破綻を招いてしまう。さらにシェリーの治療中レイのミスから最悪の結果に。
「BONES」第1シーズン20話「移植された悲劇」では、カレン副長官の娘エイミーたちのドナーになったヘイスティングスの妻。捜査のために夫の墓を掘り返すことを拒否した。
「ザ・ユニット」第1シーズン10話「予期せぬ衝撃」では、モリーは勤務先の不動産屋にやってきた住宅の売買のトラブルを抱えたリンダ役で登場。モリーは病気の彼女に同情し、悩みながらも助けるために投資クラブを活用するが、11話「真実」ではそのモリーの思いを打ち砕く思わぬ事実が発覚する。
「CSI:5」23話「死体たちの運命」に、大学寮の一室で二酸化炭素中毒で殺害された学生トリップの母親役で登場。
「コールドケース2」6話「デビルズプール」では冒頭の教室のシーンに登場する、四人の少女の学校の先生役。
「アリーmyラブ」第1シーズン11話「銀の鐘」で、妻妾同居の3人の結婚を認めてほしいと訴えた弁護士のホートン夫妻の、第二夫人で弁護士のパティ・ホートン役。
夫は「CSI:マイアミ」でカリーにちょっかいを出して、第3シーズン後半少しいい雰囲気になったFBI捜査官エリオット役のMichael B. Silver。
「ヴェロニカマーズ」第2シーズン5、7話に登場予定。

◆ジョージの弟 .... Kevin Crowley
「CSI:6」15話「怒りの鞭」では、レディ・ヘザーの娘ゾーイの殺害の容疑者で、一卵性双生児のジェイコブ・ウォルフォウィッツとレオン・スネラー役を演じている。

◆冒頭のビルの甥っ子 .... Alec Plotkin
「ビルおじさん、ケーキ切るよ!」と話しかけた少年。ビルの妹の息子?
「CSI:5」2話「凶暴な躾け」では、親からテロリストの素養を育成された凶暴な少年オーウェンの、子供時代のビデオテープのシーンで幼少期のオーウェンを演じている。

◆センターの少女ブリタニー .... Jennifer Stone
「Dr.HOUSE」第1シーズン16話 「 肥満の原因 」 では、体育の授業の時に倒れて運ばれた肥満気味の少女ジェシカ・シムズ役。

◆ビルの妹 .... Rebecca Tilney
「Heroes」第1シーズン20話「5年後」では、5年後の世界では超能力者が政府によって迫害されているため、息子をベネットに血液鑑定してもらった母親役。息子は結局能力者だったために、逃亡の方法などを教わることになる。
「ダーティ・セクシー・マネー」第1シーズン8、9話では、ブライアンとアンドレアの親権についての調停員役で登場。調停の行方が思わしくないと思ったブライアンは、彼女に大金を送って懐柔しようとして逮捕されてしまう。

関連記事

▶ Comment

くまぷーさんは、おそらくやってきた捜査官の
誰よりも手際よくもろもろ処理しそうな気がする。
そして第一容疑者に・・・・
でもたとえ隠してたとしても、逆に疑いをかけられますよね
と真面目に考えるネタじゃないか(爆)
いや、でもジャックとダニーとマーティンがやってきてくれるならば
容疑者だろうと何だろうと(え?)
2009.02.19 01:06 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
>前回
全開ですね・・。
2009.02.18 20:01 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
ビル相手に、ジャイアン前回のマーでした(笑)。
こういうとこが、マーのマーたる所以なんですけどね。
アップルソースで下出に出たところも、いまにもマー(笑)。

ジャックは戻すかなと思ったけど、さすがに今回は大丈夫でしたね。相手が校長ほどのツワモノじゃなかったからかな。
でも彼女、助かってよかったです。

最後にビルが崩れ落ちる場面、切ないですね。
なんとか立ち直ってほしいんですが。
このところ、WATらしいいいお話が続いているので、見ごたえあってうれしいです。
2009.02.18 20:01 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
ビルの最後の号泣は、やり遂げた感なのかなと思っていました。マーティンがあのあと、お友達の虐待児童救済会の人を紹介してあげるのかなあと勝手に想像して、ビルの立ち直りによかったなあと思っていたのですが、解釈違いましたかね?
エクセルでソートしてって、爆笑しました。
うちに空き巣が入ったとき、刑事さんが来て、指紋を取っていったのですが、私のは取らなかったので、あれーー?いいの?とか思ってました。
また、事情聴取にきた刑事さんに、知り合いは名前を漢字でどう書くか説明したのですが、漢字を知らなかったらしいです。^_^;
だから、くまぷーさんが凝ったことしても刑事さんは、わからないんじゃないかなあ。安心してください。(って、安心じゃないか。)

2009.02.18 01:20 | URL | John #79D/WHSg [edit]
変態相手になると、マローン頑張りますね。
こういうエピ観るとやっぱり校長を思い出します。
自分が変態みたいに振舞うのって、どっと疲れるでしょう、まさに慣れないで下さいって感じ。
しかし、2度目なので余裕が出てきたような…。

刑事ドラマ好きですか?
殺人が起きた鑑識ものが好きです(笑)
なので証拠はいじりません。
殺人じゃないのですが?
めちゃくちゃいじって、関係ないものを、これが手がかりですと渡しちゃうかも(汗)

2009.02.17 16:42 | URL | ぽっこ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/998-82157803

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。